コーチングとは

 わくわく学のコーチングは、人間は本来生まれる前から幸せになる能力を持つ存在であり、より良く生きしあわせになること、自分自身の好きなわくわくするような仕事をすることがプログラムされていることを前提にしています。


 つまり人間は、生まれたときから幸せになるプログラムを持って生まれてきたのです。

それが、生まれ、育ち、学校で学び、社会人になり、

さまざまな言葉や習慣、行動により、いつの間にか自分本来の心を忘れ、思い込みの世界が自分の世界だと思い、その中で生活するようになってしまいました。

 

 そして、あなたは時々思いだします。これは自分じゃない。
 それは、もしかしたらあなたの心の叫びかもしれません。

 コーチングの「コーチ」は本来「馬車」のことです。
 一人で、歩いて目的の地に向かうのは、大変な困難と努力がいります。途中で挫折してしまうかもしれない。諦めて他の目的を探し始めるかもしれません。
 

 しかし、「馬車」に乗ったらどうでしょう。行きたい目的の地まで、一気に行き着くことができます。コーチとはそんな存在です。

あなたを目的地まで一緒に行くこと、それがコーチの仕事です。

 一人で歩く旅は、遠く果てしないものです。しかし、コーチと一緒に行く旅は、楽しく、自己の発見や自己実現ができる素晴らしい旅になりなります。そしてなりたい自分になる。

 コーチングを的確に表した言葉があります。
「私の後を歩かないでください。私は、あなたを指導しているのではないのです。
私の前を歩かないでください。私はあなたに従いたいのではないのだから、

私の隣を歩いて下さい。ただ、私の友人になってください。」

私が言いたいことも、これと同じです。私についてきてほしいとは思っていません。もちろん、あなたについていきたいとも思っていません。
​私は、あなたが影響力を身につけ、私たちとともに歩き、友人になってほしいと願っています。

1270185_157939594404438_1022211525_o.jpg